今宵のジャズは・・・

シーンと静まりかえった夜、1枚のアルバムを取り出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今宵のジャズは・・・その119

プレスティッジが発売していたMoodsville(ムーズヴィツ)レーベル。
おなじみのジャケが何故か好きです。
レーベル名から想像できるように、主にスタンダードやバラード・ナンバーを
中心とした選曲に特徴があります。
歌心溢れるムーディーな演奏がこのジャケから漂ってきます。

今日はMoodsvilleのvol.1、
「THE RED GARLAND TRIO+EDDIE ‘LOCKJAW‘ DAVIS」
red.jpg
1959.11録音。
RED GARLAND(p) EDDIE`LOCKJAW`DAVIS(ts)
SAM JONES(b) ARTHUR TAYLOR(ds)
テナーは全8曲のうち3曲に参加している。
実に重厚で骨太なテナーの音色は、歌心溢れムーディーな雰囲気を作り出しています。
EDDIE`LOCKJAW`DAVISのテナーは、このアルバムで初めて聴きました。
ベン・ウエブスターやコールマン・ホーキンスと少し近いかなぁという印象です。
ガーランドのピアノ・トリオはもちろんそんな雰囲気を包み込むような
安定した演奏です。
久し振りにガーランドのピアノを聴いたので、心が少し優しくなりました。

スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/07(日) 23:01:14|
  2. RED GARLAND
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今宵のジャズは・・・その75

RED GARLANDの「RED IN BLUES-VILLE」
red.jpgPRESTIGE
1959,4録音
RED GARLAND(p)
SAM JONES(b)
ART TAYLOR(ds)



ガーランドのピアノを久しぶりに聴くと、何故か懐かしい故郷に帰ったような気持ちになる。
なんの気負いも用心もなく、ただ音楽を聴いていられるからかもしれない。
このアルバムは、ベースにいつものチェンバースではなくサム・ジョーンズが参加している。
チェンバースももちろん好きなのですが、時々はいるアルコ奏法がガーランドのピアノとちょっと合わないなぁと思ってました。
サム・ジョーンズのベースはズンズンと重厚にリズムを刻み、それなりの存在感を表現している。
こういうベースはいいなぁと思う。
もちろんアート・テイラーのブラシも気持ちいい。
ピアノのメロディラインに酔い、ベース、ドラムのリズムに乗っていく。
ピアノ・トリオはやはりジャズの一番人気だなぁ…と思う。
「SEE SEE RIDER」「TROUBLE IN MIND」「ST LOUIS BLUES」の
スロー・バラードが特に好き。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/07/02(月) 22:08:35|
  2. RED GARLAND
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今宵のジャズは・・・その48

052.jpg PRESTIGE
 1959.8録音
 COLEMAN HAWKINS(ts)
 RED GARLAND(p)
 DOUG WATKINS(b)
  CHARLES SPECS WRIGHT(ds)


「COLEMAN HAWKINS WITH THE RED GARLAND TRIO」
ホーキンスもガーランドもとても好きなので、2人の演奏が同時に聴けるお得なアルバムです。
ホーキンスはガーランドが売り出す前からの知り合いだそうで、共演も何回もしていて、気心も知れている関係だそうです。
アルバムの1959年は、ホーキンス57歳、ガーランドは前年にマイルス・コンポから離れたばかり。
貫禄と風格のあるホーキンスのテナーも意欲あふれるガーランドのピアノも、それぞれの持ち味を充分に出して、独特のプレイを繰り広げています。
聴いていて、「あっ、ホーキンスだなぁ…、ガーランドだなぁ…」と納得できちゃうのがすごいところでしょうか。
メンバーのオリジナル3曲のうち、ガーランドの「レッド・ビーンズ」ホーキンスの「ビーンズ・ブルース」の‘ビーンズ‘というのは、ホーキンスの愛称だそうです。
初めて知りました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/21(日) 23:11:25|
  2. RED GARLAND
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今宵のジャズは・・・その41

20061216235937.jpg  Prestige
 1962年10月5日録音 
 RED GARLAND(p)
 WENDELL MARSHALL(b)
 CHALIE PERSIP(ds)



レッド・ガーランドの「WHEN THERE ARE GREY SKIES」
ガーランドがプレスティジ系に吹き込んだリーダーアルバムは25枚だそうです(そのうちトリオは14枚)。しかし、56年8月にリーダーとして初録音した「A GARLAND OF RED」から6年経って、このプレスティジでのアルバムを最後に長い冬眠生活(レコード録音上)に入ってしまいます。
その後、71年5月にMPSレーベルで再起の吹込みをしますが、9年に近い空白の期間に彼がどういう人生を送っていたのかは、ガーランドを愛する1人として興味のあるところです。
でも今日はこのアルバムに耳を傾けていきましょう。

このアルバムのハイライトは、なんといっても3曲目の「ST.JAMES INFIRMARY」(セント・ジャームズ病院)でしょう。なんかこの曲だけは有名で好きな人が多いようで、1曲集中盤とでもいうのでしょうか。
実に心地よいスイング、パーシップのブラシをバックにリズムカルに奏でるガーランドのシングル・トーン、お得意のブロック・コードでの盛り上げ・・・ガーランドの特徴を全部味わうことの出来る演奏です。聴き終わっても、頭の中でリズムが流れるような親しみのあるメロディが多くの人を魅了するのかもしれません。
この曲は元はトラディショナルとして伝えられていた曲で、1929年にジョウ・プリムロウズという人が作詞したものだそうです。内容はロマンスとかとは程遠い何か悲しく気も沈むような内容です。
1曲目の「SONNY BOY」と6曲目の「NOBODY KNOWS THE TROUBLE I SEE」も
スロー・ナンバー。特に6曲目は「誰も知らない私の悩み」という邦題。
何かこのアルバムにして意味ありな曲名ですが、12分に及ぶ長い演奏。
飽きることなく聴かせる、ガーランドはやはりすごいと思う。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2006/12/16(土) 23:57:32|
  2. RED GARLAND
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今宵のジャズは・・・その40

red1.jpg  JAZZLAND
 1961.7録音
 RED GARLAND(p)
 SAM JONES(b)
 CHARLIE PERSIP(ds)



レッド・ガーランドの「Bright and Breezy」
リバーサイドの傍系レーベルJAZZLANDから出たこのアルバムは、
プレスティッジでのガーランドと少し趣きが違っているような気がします。
このアルバムのガーランドの音色は、メリハリが非常に利いていて
クリアーで少しパンチの効いたピリッとした演奏をしているようです。
ベースも表に出てくることが多く、その存在感を出しています。
タイトルのようにBright(輝かしく) Breezy(爽快な) タッチを心がけたのでしょうか?

1曲目の「ON GREEN DOLPHIN STREET」もいいですが、
好きなのは5曲目の「WHAT`S NEW」
 昔思いを寄せていた人にふと出会って、
  WHAT`S NEW?(あら、お変わりなくて?・・・)
  WHAT`S NEW? (最近はどうなの?・・・・・・)
  じゃ、さよなら・・・私はまだあなたがとても好きなの
  あなたがどうしているか、とても知りたかったの
どちらかというと、女性が歌うことの多いスタンダードでしょうか。
とても切ない心情が伝わってきます。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2006/12/11(月) 23:06:52|
  2. RED GARLAND
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

murakun

Author:murakun
スタンダード…
バラード…
もっともっと聴きたい…

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

良かったら一押しを!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

  • Archives »
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。