今宵のジャズは・・・

シーンと静まりかえった夜、1枚のアルバムを取り出す。

今宵のジャズは・・・その52

今日はお休みだったので、アンドレ・プレビンを聴いていました。
ところで、プレビンの経歴って…
 1929年4月、ドイツのベルリンで生まれ、9歳でアメリカへ移住。
 音楽監督として「恋の手ほどきを」「ポギーとベス」
 「マイ・フェア・レディ」などでアカデミー音楽監督賞。
 1968年、ロンドン交響楽団の正指揮者。
うぁ~、これだけでもすごいのにジャズピア二ストなのだ。
と感心しててもしょうがないので、手持ちのCDから次のアルバムを…

SHELLY MANNE&HIS FRIENDS「MY FAIR LADY」
20070129230501.jpg CONTEMPORARY
1956.8録音
SHELLY MANNE(ds)
ANDRE PREVIN(p)
LEROY VINNEGAR(b)



 ミュージカルの「マイ・フェア・レディ」をアレンジによってジャズ化したアルバム。
黒っぽさの感覚を期待するのは無理ですが、なんとも小気味のよいピアノタッチとスイングは、さすがだなぁと思う。
8曲目の「I COULD HAVE DANCED ALL NIGHT」一晩中踊れたら…
がいいですね。

「KING SIZE!」
20070129231825.jpg CONTEMPORARY
1958.11録音
ANDRE PREVIN(p)
RED MITCHELL(b)
FRANKIE CAPP(ds)

 

 プレビンのピアノの特徴は、打楽器的に強く弾くことで、
黒人の持つブルース感覚を表現していることでしょうか。
このアルバムでは特にそれが目立ちます。
3曲目の「YOU`D BE SO NICE TO COME HOME TO」は有名なスタンダードで
聴きなれたメロディーですが、ピアノの打ちつけるような演奏とスウィンギーなのりのある演奏に思わず聴き入ってしまいます。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/29(月) 23:46:14|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今宵のジャズは・・・その51

RElaxes.jpg
  PRESTIGE/MOODS VILLE
  1961.2録音
  COLEMAN HAWKINS(ts)
   RONNELL BRIGHT(p)
  KENNY BURRELL(g)
   RON CARTER(b)
  ANDREW CYRILLE(ds)

COLEMAN HAWKINSの「THE HAWK RELAXES」

 ケニー・バレルのギターが参加していて、ホーキンスのテナーを静かにサポートしている。
1曲目の「I`ll NEVER BE THE SAME」
  (あたしは変わるの)
 ホーキンスのよく歌うテナーが少し軽やかな演奏。
3曲目の「UNDER A BLANKET OF BLUE」
  (青空の下で…)
 このピアノははっきりとしていて好きかも…
 ホーキンスのテナーは、もう貫禄充分…
4曲目の「MORE THAN YOU KNOW」
  (あなたが知っている以上にあなたを愛してる…)
 イントロからピアノとギターの美しい出だしに、ホーキンスのテナー がおもむろにからんでくる…
7曲目の「SPEAK LOW」
  (愛を語るときは、優しい声で、小さな声で…)
 リズミカルなテナーに思わずうっとり…
 
1曲1曲、聴き惚れてしまう・・そんなアルバム。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/27(土) 23:38:13|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今宵のジャズは・・・その50

20070125213305.jpg Prestige/Moodsville
 1960.1録音
  COLEMAN HAWKINS(ts)
  TOMMY FLANAGAN(p)
  WENDELL MARSHALL(b)
 OSIE JOHNSON(ds)


COLEMAN HAWKINSの「AT EASE WITH COLEMAN HAWKINS」
 ホーキンスは1904年生まれなので、60年録音のこの年は56歳。
まだまだ絶好調で歌心を感じさせる素晴らしいバラード集です。
ピアノのフラナガンは当時、ホーキンスのレギュラー・カルテットとして参加していたそうですが、ホーキンスのテナーとのバランスはこのアルバムでも素晴らしいと思います。
ちなみに、フラナガンは1930年生まれなので30歳、ホーキンスとの年の差は26歳。
やはりホーキンスのサポートに徹しているのでしょうか。
3曲目の「THEN I`LL BE TIRED OF YOU」や4曲目の「MIGHTY LIKE A ROSE」では、フラナガンの美しい前奏に心を奪われ、その後をそっとホーキンスのテナーが入ってくる…思わずうっとりとしてしまいます。
特に「MIGHTY LIKE A ROSE」はメロディが美しく、何回も聴いてしまう素敵な曲です。
 全体を通して、メロディーを吹くテナーの音色にじっくりと耳を傾けることが出来るのがとてもうれしいです。
まさにホーキンスとフラナガンの極上のバラード集ですね。
 

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/25(木) 22:32:12|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今宵のジャズは・・・その49

P1220021.jpg CAPITOL
 1956~57録音
 COLEMAN HAWKINS(ts)
 グレン・オッサーズ・オーケストラ
 ウッドウィンズ&ストリングス

COLEMAN HAWKINSの「THE GILDED HAWK」
これはホーキンスがストリングスをバックに吹き込んだアルバムです。
ジャズファンの間では、ストリングスものはあまり人気がないようですね。
ジャズというイメージから離れて、ムードミュージック的な側面が強く出てしまうからでしょうか。
ジャズの持つ駆け引きや緊張感、創造性などの要素が、ストリングスものでは消えてしまうのかもしれません。
「ヒモ付き」とかひどい言葉で言われることも…
嫌いな人はなかなか受け付けないかもしれません。
 でもプレーヤーにとっては、これほど名誉なことはないのではないでしょうか。
自分のソロのために、オーケストラをセッティングしてもらい、それをバックに演奏できるのですから。
自分の好きなプレーヤーのものでしたら、そのソロ演奏をじっくりと聴けるので、ストリングものもいいものだと思うのですが。
そういうわけでこのアルバムは、ホーキンスの甘く朗々として懐の深いテナーのサウンドの魅力を、充分に味わうことが出来ます。
12曲は全て3分前後の短い演奏ですが、ムード歌謡のように哀調をおびた曲ばかりで、何回も聴きたくなります。
中でも「枯葉」「夢破れし街」「コテージ・フォー・セール」などは、もう最高のムード歌謡です。
でもやっぱ、ストリングスものは、嫌いな人は嫌いかな・・・
僕はムード歌謡…最高に好き!(アハッ)

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/23(火) 22:03:03|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今宵のジャズは・・・その48

052.jpg PRESTIGE
 1959.8録音
 COLEMAN HAWKINS(ts)
 RED GARLAND(p)
 DOUG WATKINS(b)
  CHARLES SPECS WRIGHT(ds)


「COLEMAN HAWKINS WITH THE RED GARLAND TRIO」
ホーキンスもガーランドもとても好きなので、2人の演奏が同時に聴けるお得なアルバムです。
ホーキンスはガーランドが売り出す前からの知り合いだそうで、共演も何回もしていて、気心も知れている関係だそうです。
アルバムの1959年は、ホーキンス57歳、ガーランドは前年にマイルス・コンポから離れたばかり。
貫禄と風格のあるホーキンスのテナーも意欲あふれるガーランドのピアノも、それぞれの持ち味を充分に出して、独特のプレイを繰り広げています。
聴いていて、「あっ、ホーキンスだなぁ…、ガーランドだなぁ…」と納得できちゃうのがすごいところでしょうか。
メンバーのオリジナル3曲のうち、ガーランドの「レッド・ビーンズ」ホーキンスの「ビーンズ・ブルース」の‘ビーンズ‘というのは、ホーキンスの愛称だそうです。
初めて知りました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/21(日) 23:11:25|
  2. RED GARLAND
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今宵のジャズは・・・その47

ジャック・ティーガーデンから2枚のアルバムを聴きました。
「this is Teagarden」「Mis`ry and the Blues」
トロンボーンの音色と歌声は、デキシーランド・ジャズというより、
あまり古さを感じさせない、バラード演奏のように聴こえる。
とても大らかで寛げるアルバムです。

20070114163618.jpg Capitol
 1956.1録音
 ジャック・ティーガーデン(tb vo)
 ハリー・ケラーズ楽団
 ジャン・アレキサンダー楽団



ジャッケット写真はまるでマフィアのボスのような貫禄。
でも曲が流れてくると、とてもブルージーで大らかな歌声とぼんとろの音色が流れてくる。
まるでどこかのおじさんがいっぱい飲んで歌っているような…そんな気分になってしまうことも。
やはり、「Stars Fell On Alabama」(アラバマに星落ちて)でしょうか。
スタンダードになっているこの曲をとても大らかな寛いだ演奏で聞かせてくれます。


misry.jpg Verve
 1961.6録音
 Jack Teagarden(tb vo)
  Don Goldie(tp) Henry Guesta(cl)
 Don Ewell(p) Stan Puls(b)
 Barrett Deems(ds) Add Shay Torrent(or)


やはり、ブルースはティーガーデンのお得意。
「Basin Street Blues」「Mis`ry and the Blues」などを聴くと、
当時のアメリカへタイムスリップしたような感覚になってしまいますね。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/14(日) 17:06:56|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

今宵のジャズは・・・その46

20070113010346.jpg  RIVERSIDE
  1960,1録音
  BOBBY TIMMONS(p)  
  SAM JONES(b)
  JIMMY COBB(ds)



BOBBY TIMMONSの「THIS HERE IS BOBBY TIMMONS」
まず、ジャケット写真のくわえタバコがかっこいい!
演奏もくわえタバコをしながらやってるのではないかなぁ、
と思えるほどとてもリラックスした雰囲気です。
自身の作った曲が「THIS HERE」「MOANIN`」「DAT DERE」「JOY RIDE」と、4曲も入っていて、
作曲家自身のピアノトリオでのバージョンを聴くには、もってこいのアルバムです。

ちなみに「MOANIN`」という曲は、朝という意味ではなくて(そもそもつづりが違いますよね)
うめくという意味だそうです。最近知りました。
「毎朝俺は苦しみの呻き声をあげる。
 沢山のこの癒しがたい苦しみのために
 人生は俺にとっては勝てないばくちさ 
 悩みや悲しみに俺は呻いている
 ・・・・・
 神様、俺は救いを見つけようとしてきた、本当に心から見つけようと
 神様、俺は沢山の孤独と悲しみに明け暮れる日々を過ごしてきた
 神様、俺は救いを求めて祈るのさ、本当に心から祈るのさ
 神様、そうだとも」
アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズの演奏で,
ジャズを聴く人はこの曲を聴いて沢山の元気をもらったと思います。
この曲を作ったティモンズに感謝しないといけませんね。
もちろん他の曲もGood!です。

他にも「MY FUNNY VALENTINE」などスタンダードな曲も織り交ぜて、小気味のよいピアノが素敵です。
タバコは止めましたが(偉い!)くわえタバコ気分で聴きましょう。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/12(金) 23:55:10|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今宵のジャズは・・・その45

今年初めてのアルバムになるので、
何にしようか、少し悩んでしまうけど…
ちょっと初心に帰ろうかなぁ…と思って、

294.jpg prestige
 1956.6録音
 SONNY ROLLINS(ts)
 TOMMY FLANAGAN(p)
 DOUG WATKINS(b)
 MAX ROACH(ds)


SONNY ROLLINSの「SAXOPHONE COLOSSUS」
ジャズを聴きはじめた頃、こればかり聴いていたような気がします。
めずらしく、レコードでも持ってるんですよ。
(聴いているのはCDですけど…)
「セント・トーマス」からはじまるこのアルバムは、1曲1曲が名演ばかりで今更何も言うことはないのですが、何度聴いてもジャズの醍醐味を味わうことが出来ます。
好きなのは2曲目の「YOU DON`T KNOW WHAT LOVE IS」です。
本当はこの曲の演奏で一番好きなのは、チャーリー・ラウズの「YEAH」での演奏なんですけど、
ロリンズのこの演奏も心にしみます。
テナーのブロー・・・まさに情感のこもった最高のバラード演奏です。
「今年も1年、ジャズを聴くぞ!」と思ってしまう、そんな素敵な演奏です。
今年もよろしくお願いいたします。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/07(日) 23:03:23|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

murakun

Author:murakun
スタンダード…
バラード…
もっともっと聴きたい…

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2ブログランキング

良かったら一押しを!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

  • Archives »
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    FC2カウンター