今宵のジャズは・・・

シーンと静まりかえった夜、1枚のアルバムを取り出す。

今宵のジャズは・・・その121

今年もあと一日を残すのみとなりました。
今日の夜から3日の夜までは、滋賀の母のところへ
行きますので、パソコンとはしばらくお別れです。
あまり公私ともども良いニュースがなかった今年でしたが、
来年は少しでも良いことがあればいいですね。
ジャズでも良いアルバムやメロディーに逢えるよう
少しでも聴いていければ・・・と思ってます。

今年最後のアルバムは
WYNTON KELLYの「PIANO」
脚立に座ってるので「脚立のケリー」なんて名付けられてますね。
wynton.jpg
1958年1月録音。
WYNTON KELLY(p) KENNY BURRELL(g)
PAUL CHAMBERS(b) PHILLY JONES(ds)
アルバム収録8曲のうち4曲は、
ドラムのPHILLY JONESが来なかったため、
ドラムレスの演奏となっています。
こういうハプニングはよくあるのでしょうね。
それでも素晴らしい演奏になってしまうのは、
個々のクオリティが相当高いからなのでしょう。
この時代のジャズメンのすごいところなのかもしれません。
そんなドラムレスの中で一番好きなのは
「DON`T EXPLAIN」です。
ビリー・ホリディーのバラード曲ですが、
メロディーといい、ピアノのかもしだすタッチといい、
素晴らしい演奏で心に染み込んできます。
ケリーの打ち出すメロディ・ラインの美しさを
十分に堪能できるナンバーです。
アルバム全体としては、バレルのギターが
ブルージーな色どりを与えていてとても素晴らしいです。

それでは皆様、よいお年をお迎えください!
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/30(火) 17:35:08|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今宵のジャズは・・・その120

PRESTIGEの「MOODS VILLE」の9は、
THE TOMMY FLANAGAN TRIOです。
flanagan.jpg
1960年録音
TOMMY FLANAGAN(p)
TOMMY POTTER(b)
ROY HAYNES(ds)
「オーヴァーシーズ」で有名なフラナガンですが、
ここでは淡々とエレガントで歌心溢れる演奏です。
こうした風格を感じさせる落ち着いた演奏は、きっと
フラナガンのお得意なのかもしれません。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/22(月) 01:30:04|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ジャズのある暮らし・・・その34

今日は今年の11月1日にオープンした、
岡崎市の中央図書館に行ってきました。
お目当ては「内田修ジャズコレクション展示室」
平成5年に内田修氏が岡崎市に寄贈したレコード、プライベートテープ、
書籍、オーディオなどが展示されています。
内田修氏が開業していた病院にあった「ドクターズ・スタジオ」も再現されていて、
当時の日本のジャズアーティスト達がたむろしていた様子も想像できます。
レコード・ジャケットの展示や貴重なテープの視聴もでき、
ジャズ好きな人にとっては、夢のような空間です。
なんか1日ここで時間をつぶせそうな感じです。

今日ここの視聴ブースで聴いたのは、
「ドクターズ・スタジオ」で録音された
日野皓正の「Autumn Leaves(枯葉)」
うぅ~ん、いいなぁ。

「内田修ジャズコレクション」のホームページは、
http://www.uchida-jazz.jp/

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/08(月) 22:25:48|
  2. ジャズのある暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今宵のジャズは・・・その119

プレスティッジが発売していたMoodsville(ムーズヴィツ)レーベル。
おなじみのジャケが何故か好きです。
レーベル名から想像できるように、主にスタンダードやバラード・ナンバーを
中心とした選曲に特徴があります。
歌心溢れるムーディーな演奏がこのジャケから漂ってきます。

今日はMoodsvilleのvol.1、
「THE RED GARLAND TRIO+EDDIE ‘LOCKJAW‘ DAVIS」
red.jpg
1959.11録音。
RED GARLAND(p) EDDIE`LOCKJAW`DAVIS(ts)
SAM JONES(b) ARTHUR TAYLOR(ds)
テナーは全8曲のうち3曲に参加している。
実に重厚で骨太なテナーの音色は、歌心溢れムーディーな雰囲気を作り出しています。
EDDIE`LOCKJAW`DAVISのテナーは、このアルバムで初めて聴きました。
ベン・ウエブスターやコールマン・ホーキンスと少し近いかなぁという印象です。
ガーランドのピアノ・トリオはもちろんそんな雰囲気を包み込むような
安定した演奏です。
久し振りにガーランドのピアノを聴いたので、心が少し優しくなりました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/07(日) 23:01:14|
  2. RED GARLAND
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

murakun

Author:murakun
スタンダード…
バラード…
もっともっと聴きたい…

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2ブログランキング

良かったら一押しを!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

  • Archives »
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    FC2カウンター