今宵のジャズは・・・

シーンと静まりかえった夜、1枚のアルバムを取り出す。

今宵のジャズは・・・その165

1月はなんやかやと慌ただしく過ぎて行きました。
もうすぐ年度末を迎え、また慌ただしくなるかもしれません。
自分の中で余裕のある生活リズムを刻んでいくことが、
大事なのかもしれませんね。
まだまだ人間ができていません。
まだまだ修行ということでしょうか。

さて、JOE WILDERのトランペットです。
「WILDER`N`WILDER」
joe.jpg
SAVOY 1956年録音
JOE WILDER(tp)
HANK JONES(p)
WENDELL MARSHALL(b)
KENNY CLARKE(ds)
ワイルダーのワンホーン・アルバム。
なんというメロディクでブルーないぶし銀の演奏。
もう心静かに聴きほれるしかありません。
哀愁を帯びたペットの音色を堪能しましょう。
特に好きなのが、「MAD ABOUT THE BOY」
スタン・ゲッツをバックに唄うシビル・シェパードのアルバムが
「MAD ABOUT THE BOY」でしたが、あの子に夢中なの・・・
というような内容でしょうか。
最初から最後まで哀愁を帯びたペットとハンク・ジョーンズの
ピアノの素晴らしさ。
最高の演奏です。
次の「DARN THAT DREAM」も素晴らしいです。
ふぅ~隠れた名盤かな。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/02/10(木) 00:13:49|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

murakun

Author:murakun
スタンダード…
バラード…
もっともっと聴きたい…

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

FC2ブログランキング

良かったら一押しを!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

  • Archives »
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    FC2カウンター