今宵のジャズは・・・

シーンと静まりかえった夜、1枚のアルバムを取り出す。

今宵のジャズは・・・その184

先日、半田にある「ごんぎつねの湯」という温泉に入ってきました。
あの児童作家の新美南吉で有名なごんぎつねです。
岩滑(やなべ)という地名がありますが、南吉の生家があります。
もうすぐ近くを流れる矢勝川沿いに彼岸花の群生が見事に咲き乱れるということです。
散策するのになかなかよい所ですよ。

ユセフ・ラティーフの
「THE THREE FACES OF YUSEF LATEEF」
yusef.jpg
1962.1録音
YUSEF LATEEF(ts、oboe、flute)
RON CARTER(cello) HUGH LAWSON(p)
HERMAN WRIGHT(b) LEX HUMPHRIES(ds)

タイトルのTHE THREE FACESとは、テナー・サックス、フルート、オーボエ
の3つの楽器の演奏を表している。
ジャケにも演奏している姿が見えますね。
3つの楽器を一人で演奏するなんてすごいな~と思ったら、
以前アップしたアルバムのROY HAYNESの「OUT OF THE AFTERNOON」で
ローランド・カークは4つの楽器を演奏していました。
ジャケに4つの楽器を持つカークの姿が印象的なアルバムでした。
それぞれすごいけど、聴く側にとっては、あまり楽器の違和感なく聴くことができます。
やはり1曲目の「GOIN`HOME」がいいですね。
もとはクラッシクの曲だそうですけど、素朴ななにか郷愁の感じられるメロディーです。
朝、出勤時に聴くと家に帰りたくなりますからご注意を!!
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/20(木) 16:37:15|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今宵のジャズは・・・その183

9月に入って、秋の息吹を感じるようになりました。
この暑さももう少しの辛抱ですね。
水分をとる量も大分少なくなりました。
今年はどういうわけか、お酢のドリンクを飲んでます。
今日も半田のミツカン酢まで行って、何本か仕入れてきました。
お酢が自分に合っているかどうかわかりませんが、
気分的なものなのでしょうか・・・
ジュースよりはいいのかも。

MORRIS NANTONの
「ROBERTA」
nanton.jpg
1958.12録音 WARNER BROS.
MORRIS NANTON(p)
NORMAN EDGE(b)
CHARLIE PERSIP(ds)

ブロードウェイ・ミュージカル「ロバータ」をジャズ・バージョンしたアルバム。
ナントンのアルバムは初めて聴きます。
ナントンはあまり日本では知られていないようで取り上げられることも少ない
人のようです。
「演奏家としての成功を求めて各地を旅するより、地元でひっそりと気心のしれた仲間と音楽に興じることを
選んだようである」と説明されている。
私の本棚にある「猫はジャズが好き」前田マリ著の中で
愛しのジャズメンにナントンが紹介されている。
「知られていない」「なかなかの実力」でファンになったらしい。
私もこのアルバムを聴く限り、なかなかのプレーヤーだと思う。
特に最後の2曲「YESTERDAYS」「THE TOUCH OF YOUR HAND」が
印象的で素晴らしい。
何度も聴いてしまった。
「THE TOUCH OF YOUR HAND」は大好きな曲でもあるが、
ドラムのソロが長く聴き応えがある。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/03(月) 18:38:24|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

murakun

Author:murakun
スタンダード…
バラード…
もっともっと聴きたい…

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2ブログランキング

良かったら一押しを!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

  • Archives »
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    FC2カウンター