今宵のジャズは・・・

シーンと静まりかえった夜、1枚のアルバムを取り出す。

今宵のジャズは・・・その206

先日の土曜日に大学のクラブの同窓会に行ってきました。
東京の調布に日帰りです。
総勢18名の参加で、昨年参加できなかった人にも逢えて
楽しいひと時でした。
卒業してみんなそれぞれの人生を歩んで今日という日を生きているけど、
顔をあわせれば一気に大学時代へタイムスリップ。
今から思うとあの4年間は本当に楽しかったなぁ。
あの4年間を共有できる友がいるってことは幸せなことです。
みんな元気で良かった。
帰ったらそれぞれの人生が待っているけど、
みんなの顔を見て、また明日から頑張れそうです。

ちなみにクラブは「地方文化研究会」
日本人の信仰、生活習慣、、昔話(口頭伝承)などを毎年現地へ行って
調査するフイールド・ワークが中心の活動です。
民俗学、柳田國男、折口信夫・・・うぅ~ん、これ以上書くとボロが出る~~
でも僕の図書館人生に少しは役立っているような気がします。

大好きなレッド・ガーランド
「LATIN SESSIONS」
GH66709.jpg
1958年録音
RED GARLAND(p) RAY BARRETTO(cga)
PAUL CHAMBERS(b) ART TAYLOR(ds)
パーカッションの入ったラテン・ジャズ風アルバム。
ガーランドのトリオにバレットのコンガがスパイスを与えているのが特徴です。
ガーランドのアルバムの中では少し異色な感じのするアルバムです。
まぁ、コンガが入ると印象として、騒がしく慌ただしい感じがしてしまうのはしょうがないですね。
でもそこはおなじみのガーランド・トリオ、軽やかなセッションは健在です。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/20(火) 22:14:38|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今宵のジャズは・・・その205

今月に入って、自転車で2回ほど転倒しました。
坂道の下りからの左カーブでバランスを崩し
左のすね、右肩などを擦り剥き打撲してしまいました。
そして2回目は3日前で、車道から歩道の段差に前輪を取られ
そのまま左頬から歩道のアスファルトに打ち付けられました。
左のすね、両手首なども同時にやってしまいました。
左頬に強い衝撃を受けましたが、目や歯には影響がなく、
骨折もないようなので、不幸中の幸いなのでしょう。
ただ転倒した後、目的地まで行って、30キロほど走って
帰宅したのだから何を考えているのやら・・・・
今も左頬のあたりと右手首に痛みを感じます。
年を取ると痛みは2~3日後に出てくるとかいいますが、
いやだなぁ・・・・
自転車は、サドルの後部が擦りむけ、ハンドルのバランスが狂っただけで
他の部分は無事でした。良かった~

スピード、坂道、カーブ、段差、スリップ・・・
気を付けているんだけど、瞬間的な危機回避能力が少し鈍くなっているのを
痛感しています。
細心の注意をして危機回避しないといけませんね!!

さて、癒しのジャズを
PAUL DESMOND
「GLAD TO BE UNHAPPY」
51lu6YMlcJL__SL500_AA300_.jpg
ご存知、デスモンドとジム・ホールの癒し満載のコンビ。
もう、転倒のことは忘れて癒しの空間に身を任せてしまいましょう。
テナーとギターの絶妙なハーモニーに傷の痛みも忘れてしまいそう~
あれ待てよ・・・バックのドラムとベースのリズムもなかなか素晴らしいではないか。
耳が自然とバックのリズムにとらわれていく感覚もなかなか気持ちがいいものです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2014/05/11(日) 20:01:39|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

murakun

Author:murakun
スタンダード…
バラード…
もっともっと聴きたい…

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2ブログランキング

良かったら一押しを!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

  • Archives »
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    FC2カウンター