FC2ブログ

今宵のジャズは・・・

シーンと静まりかえった夜、1枚のアルバムを取り出す。

今宵のジャズは・・・その104

慌ただしい4月の日々が続き、
少しお疲れ気味の今日この頃・・・
でも、今日はやっと来た休日でのんびりと過ごしました。
今年は桜の花も例年より早めに終わってしまったようで、
花見に行く機会も逃してしまいましたが、
この暖かい陽気に誘われて、どこかのんびりと
出かけてみたい気分ですね。

Milli Vernon(ミリー・ヴァーノン)の「Introducing」
を聴いていました。
CDショップの棚には、向田邦子が愛した幻のジャズ・アルバムとして
紹介されていました。
3474186.jpg
Storyvill  1956.2録音  
ミリー・ヴァーノン(vo)  ルビー・ブラノ(tp)  ジミー・レイニー(g)
ディブ・マッケンナ(p)  ワイアット・ルーサー(b)  ジョー・ジョーンズ(ds)

3曲目の「Spring is Here」は、タイトルから想像するに春の訪れの明るい曲を連想するが、
内容は「春が来たのに、ワルツにうっとりもしない、誰も私を必要としていない、
私を招いてもくれないし、誰も愛してもくれない・・・」というちょっと悲しい失恋ソングだ。
ミリー・ヴァーノンは、ヴァースから歌いコーラスへと情感たっぷりに女性の心情を表現していくようだ。
甘くけだるくそして奥の深い声がとても魅力的に感じる。
次の「St.James Infirmary」(セント・ジェームス病院)も本当に熱唱という感じで、
聴きごたえ十分です。
・・・ペットもギターもいい雰囲気ですよ。

50年代の女性のジャズ・シンガーは、本当に素晴らしい人が多いですね。


スポンサーサイト



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/04/13(日) 00:35:13|
  2. ジャズ・ヴォーカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ジャズのある暮らし・・・その29 | ホーム | 今宵のジャズは・・・その103>>

コメント

Milli Vernon

この人の声でしょうね
深みがあり
「心」に残る声
いいですよね♪

God bless you...
  1. 2008/04/16(水) 06:51:48 |
  2. URL |
  3. Azumi #-
  4. [ 編集]

Azumiさんへ

向田邦子はエッセイの中で
水羊羹を食べる時にとても良い
アルバムと書いているようですね。
僕も水羊羹を食べながら聴いてみようと思ってますけど、水羊羹は夏のイメージですよね。
ちょっとねぇ~
  1. 2008/04/17(木) 21:42:31 |
  2. URL |
  3. murakun #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://murakun.blog73.fc2.com/tb.php/132-cb565a61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

murakun

Author:murakun
スタンダード…
バラード…
もっともっと聴きたい…

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2ブログランキング

良かったら一押しを!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

  • Archives »
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    FC2カウンター