今宵のジャズは・・・

シーンと静まりかえった夜、1枚のアルバムを取り出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今宵のジャズは・・・その134

少し体力も気力も下降線の今日この頃。
うなぎを食べたり・・・
焼き肉を食べたり・・・
栄養ドリンクを飲んだり・・・
うぅ~ん、若いうちならともかく、この年になると。
やはり、気持ちよくぐっすり寝るのが一番かも。

JULIAN PRIESTER
「KEEP SWINGIN」
julian.jpg
1960.1録音 RIVERSIDE
JULIAN PRIESTER(tb) JIMMY HEATH(ts) TOMMY FLANAGAN(p)
SAM JONES(b) ELVIN JONES(ds)
プリースターの朴訥としたトロンボーンがなんともいえず素敵です。
なかでも「THE END」 「JUST FRIENDS」などの演奏が
トロンボーンの魅力を感じさせてくれますが、
一番気に入ってしまったのが、
「ONCE IN A WHILE」
「時々」とか「たまに」とかが邦訳になるのでしょうか。
あまり馴染みのない曲でしたが、よく調べてみると
アート・ブレーキーの「バードランドの夜Vol.1」の2曲目で
クリフォード・ブラウンが吹いている曲なんですね。
そんな歴史的な演奏の曲だとは知らず、なんともはや
恥ずかしい・・・です。
これを機会に頭にインプットしました。

「ONCE IN A WHILE」
たまには僕のことを少しばかり想ってくれるかな
たとえ他に誰かが
君の心の近くに居ても
たまには夢をみてくれるかな
君と一緒だった頃を
僕ら二人が離れる前の頃を
・・・
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/07/26(日) 21:51:31|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今宵のジャズは・・・その135 | ホーム | 今宵のジャズは・・・その133>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://murakun.blog73.fc2.com/tb.php/168-2b1675d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

murakun

Author:murakun
スタンダード…
バラード…
もっともっと聴きたい…

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

良かったら一押しを!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

  • Archives »
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。