今宵のジャズは・・・

シーンと静まりかえった夜、1枚のアルバムを取り出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今宵のジャズは・・・その194

久しぶりの東京、そして久しぶりに出会った友人達の
姿や声を聴いて、楽しい時間をすごしました。
青春を過ごした吉祥寺には行けなかったけど、
一気に36年前にタイムスリップしたようで、
みんなの当時の顔がすぐに脳裏によみがえりました。
そして今も変わらないみんなの様子に少し嬉しくなりました。
みんな僕と同様、第一線を退いて第2の人生を歩んでいるようです。
これからは連絡を取り合って、近況を報告しあいたいと思います。

CURTIS FULLER
「SLIDING EASY」
51PdOiJMxvL__SL500_AA280_.jpeg
1959年3月録音
CURTIS FULLER(tb) LEE MORGAN(tp)
HANK MOBLEY(ts) TOMMY FLANAGAN(p)
PAUL CHAMBERS(b) ELVI JONES(ds)
カーティス・フラーは大好きなトロンボーン奏者。
そしてこのアルバムのメンバーもすごい。
これだけでも期待を裏切らない素敵な演奏になることは
間違いないでしょう。
フラーの素敵なところはなんと言っても哀愁を含んだ
メロディラインの素晴らしさだと思う。
それをサポートするモーガンやモブレーやフラナガン・・・
本当にいいなぁ~
3曲目の「I WONDER WHERE OUR LOVE HAS GONE」
邦題では「愛はどこへ・・・」でしょうか。
もう何回聴いたことか・・・
フラーのソロに感激・・・それを引き継ぐフラナガンのピアノも絶妙・・・
最近聴いたベスト3に入るかもね。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/04/30(火) 00:41:44|
  2. 今宵のジャズは・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今宵のジャズは・・・その195 | ホーム | 今宵のジャズは・・・その193>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://murakun.blog73.fc2.com/tb.php/237-2c03e653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

murakun

Author:murakun
スタンダード…
バラード…
もっともっと聴きたい…

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

良かったら一押しを!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

  • Archives »
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。